豊胸手術に限らず、どのような手術などにおいても後遺症などはあるものです。
では、豊胸後遺症にはどのようなものがあるのでしょうか。

豊胸手術の中で、脂肪注入法での豊胸手術の豊胸後遺症を見てみましょう。
まず、豊胸手術の中でも脂肪注入法での豊胸術というのは、もともと自分のものである脂肪を使用するため、アレルギーなどの拒否反応という豊胸後遺症はありません。
また、注入の際には注射器を使用するため、感染などの豊胸後遺症もとても少ないと言われています。
では、この脂肪注入法での豊胸手術の豊胸後遺症とはどういったものなのでしょうか。
この脂肪注入法では、生着する脂肪の量がとても少ないということが豊胸後遺症の原因となります。生着されなかった脂肪は、通常溶けて排出されるとされていますが、うまく排出が行われないこともあります。
そのような場合に、沈着したカルシウムのせいでしこりが出来たりというような豊胸後遺症が起こってくることになります。
また、組織が硬くなる繊維化というものが豊胸の術後に起きてしまった場合には、豊胸後遺症として、乳癌との区別がつきにくくなるということも起きてしまうのです。

しかし、その他の豊胸手術の豊胸後遺症というものは、昔に比べて本当に少なくなりました。
少し前までの豊胸手術では、シリコンやワセリンなどが多く使われていましたが、その当時には豊胸後遺症が本当に多くて、問題になりました。
ただ、豊胸後遺症が少なくなったといっても完全になくなったわけではもちろんありません。

豊胸手術の場合には、身体にメスを入れて切開をして施術を受けるわけですから、傷跡が術前に思っていたよりも残ってしまったなどという豊胸後遺症もあります。
また、豊胸バッグを挿入するような豊胸手術の場合には、身体の生理機能が働いて、豊胸バッグの周りに被膜が出来てしまい、その結果豊胸バッグが破裂したり劣化するなどの豊胸後遺症なども起こっています。

豊胸後遺症を防ぐためには、きちんと豊胸術前に医師によるカウンセリングなどを受け、自分の身体に適した豊胸術を選択し、豊胸手術のケアなどについてもきちんと行うことが
非常に大切です。
また、豊胸後遺症の危険性や可能性についても、豊胸手術前にきちんと医師に説明を受け、そのリスクを知ったうえで、施術を受けることが必要です。
さらに、もしも万が一豊胸後遺症のような症状が出た場合には、すぐに豊胸術をうけたクリニックで診察を受けることが重要です。

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する